So-net無料ブログ作成

リリースポイントについて考えよう [ダーツコラム]

さてさて、今回はおさらいというかダーツのリリースポイントについてです。

構えた位置が離す場所ってよく言いますよね?では、その構えた位置って正しいのか?もう一度検証してみましょう。第3回でお話した構え方に重複するのですが、もうちょっと突っ込んで。

多くの人が、人の真似をして構えの位置を設定する。でも、これはあまり正解ではないんです。同じ体型のような人で、間接の硬さや開き具合が似ているのならば、良い手本になるでしょうが、人によって、個体差がありますからね。例えば、私はを張って体をピシッとロックする方法は出来ません。肩の間接が硬いのが理由。

ではどうすれば良いのか?

1)前も言ったように、ターゲットとのラインをまず確認。
2)そのライン上に、実際に投げ入れるダーツをセットする。
3)そこから、楽なスタンスにアドレスをセットしてみる。

と、こういう方法で実験してみて下さい。そして、アドレスする位置(右足を置く位置。左利きの人ならば左足)は、ブルの真ん中が全員に合っているとは限りません。腰が硬くて、開きにくい人は、必然的にボードに向かって右側に立ったほうが良いですし、逆に腰がロックしにくい人は、左側に立つほうがロックしやすい。
また、フォローを外に体の外に出してしまう人(右利きであれば、投げた後、フォローが右を向いてしまう人)は、極端に右側にスタンスを取ることによって、「左方向に投げる」感覚が芽生え、フォローが真っすぐ出しやすい。

セットする位置によって、これだけ色々な部分が変わってくるんですよね。なので、普段の練習中、色々な場所で投げてみて下さい。

アドレスを変えてみることによって、ターゲットの見方の勉強にもなりますので、色々と挑戦して下さい。

最後に効き目が右だから左だからという、固定概念は考えないようにして、チャレンジです!

nice!(70) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 70

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。